EOS Rにはコントロールリングマウントアダプターが最強

EOS Rはにコントロールリングマウントアダプターが最強
EOS Rを発売日に購入し、もうすぐ1年になります。

5D mark4をメインとして仕事で使用し、こちらをサブ機の予定で購入しましたが、今では同じくらいの頻度で使用しています。

EOS Rの最初の印象は、従来とはあまりにも操作性が違い、戸惑うことが多かったのですが、その原因は、今回新しく搭載されたマルチファンクションバーの存在でした。

この機能を使いこなそうと試行錯誤しましたが、結果的に全く使用しない、ないものとしてEOS Rを使用するという結果になりました。

EOS Rの購入時にマウントアダプターを購入しましたが、後にコントロールリングマウントアダプターを追加購入しました。

結果としてEOS Rには、
コントロールリングマウントアダプターが最強です!!

マルチファンクションバーの機能を停止し、ダイヤルカスタマイズを、
メイン電子ダイヤルは、TVモード。
サブ電子ダイヤルは、AVモード。
コントロールリングは、ISO感度設定。

コントロールリングマウントアダプターにISOを設定することで、ファインダーを見ながら、リングをまわして瞬時に感度を変更できます。

そして何より、コントロールリングマウントアダプターが優れているのは、リングがカメラの本体に近い部分にあることです。

RFレンズは、レンズの先端部分にリングがあるので、左手でカメラを支えた時に、少し手を伸ばす必要があります。
EFレンズと組み合わせたコントロールリングマウントアダプターは、手の動きがほとんどなく、薬指で瞬時にリングを回せます。

コントロールリングマウントアダプターは素晴らしいアイデアで、他社にはない価値があります。

EOS Rの時期モデルの希望は、
ダブルスロットとマルチコントローラー、そしてRAWのサイズをS、M、Lと5Dmark4の仕様と同じが希望。

EOS Rには、C-RAWがありますが、サイズの異なるRAWの設定ができません。
その点、ソニーはRAWは最大サイズのみで、これは仕事として使用する者にとっては、とても使いにくい仕様です。

最近のファームウエアで瞳AFの検出精度が上がり、EOS Rは発売から進化しています。
約1年使用して、改めて素晴らしいカメラだと実感しています。

周囲のカメラマンは、ソニーへの移行が多いですが、僕はキヤノンが相棒です。