テネレ700の足つきについて

テネレ700の足つき
テネレ700を納車して2週間が経過。まずは足つきから。

足つき性

テネレ700でもっとも気になる点は、足つきだと思います。

僕の身長は172㎝、標準体重、手足の長さも標準です。
納車時はスタンダード仕様で、実際に跨ってみると、両足爪先立ちの状態でした。

テネレ700には、ローシートで2㎝、ローダウンリンクを入れることで1.8㎝、合計3.8㎝のシート高を下げることができます。

僕はローダウンリンクは入れず、シートのみ変更し、2㎝下げることで落ち着きました。1枚目の写真がその仕様です。
この状態であれば、問題なく乗車できます。

機会があれば、ローダウンリンクを入れ、スタンダードのシートという組み合わせも試してみます。

ハンドル位置の遠さ

足つきばかりが注目されていますが、実はそれと同じくらい問題は、
ハンドルバーが長く、そしてハンドル位置が遠いことです。

それによって、乗車位置が前に行き、シートの硬い部分で座ることになってしまいます。

以上のことから、信号の多い市街地を走る際は、乗車位置は前に座り、足つきとハンドルの遠さをカバー。
高速道路を走る際は、足つきを気にしなくていいので、お尻を少し後ろにずらしてゆったり座ります。

テネレ700は、180㎝以上の身長を想定して作られていると思うので、僕の身長では少し無理はありますが、長年同じようなバイクに乗っているのですぐに慣れました。

数値だけではわからない875㎝というシート高

CRF250Lの足つき
僕が所有しているもう一台のバイク、ホンダのCRF250Lも同じ875㎝のシート高です。
こちらは両足の爪先ではなく、両足かかとがギリギリ着かないくらいなので、足つきは良好です。

数値ではテネレ700とCRF250Lのシート高は同じなのに、全く足つきが違います。

違いの原因は、シートの幅です!

ホンダのCRF250Lはシートの幅が細く、足がストンと地面に落ちますが、テネレ700は写真で見るよりシートの幅が広いので、それが足つきをさらに悪くしています。
けれど、シート幅が広いので、座り心地はとてもいいです。

BMW F650GSダカール
こちらの写真は、今から15年前に乗っていたBMW F650GSダカール。
シート高は870㎝でしたが、テネレ700よりもシート幅が広かったので、さらに足つきは悪かったです。

バイクのジャンルもカラーも同じ。
15年経っても好みは変わらず笑

フォトグラファーのバイク事情

フォトグラファーのバイク事情
ホテルニューオータニ大阪にあるクチュールニットのオーダーメイド店の撮影。現場にはいつものようにバイクで。

ホテルの公式サイトにバイクが駐車できる記述はなく、念のためホテルに問い合わせをすると、宿泊客や関係者はOKとのこと。

ホテルの駐車場は高級外車ばかり。ここではオフロードバイクは明らかに場違い。
お店の方にバイクで来たと伝えると、当然びっくりされます。

フォトグラファーは荷物の多いので、世間一般的に自動車に乗って現場に来るというイメージがあるようです。
機材は工夫してコンパクトに収納し、大きな背景紙が必要な場合、ヨドバシドットコムで注文して現場に届くように発注します。
長いスタンドも現場に郵送し、終われば自宅に発送。

カメラやレンズ、PC、データの入っているカード類は持ち帰り、それ以外は郵送というスタイルにしています。

荷物を送るという手段を使えば、自動車がなくてもバイクで現地まで移動できます!!

CYCLE SPACE UZU様の撮影

CYCLE SPACE UZU様の撮影
CYCLE SPACE UZU様の撮影
CYCLE SPACE UZU様の撮影
CYCLE SPACE UZU様の撮影
今日はバイクに乗って明石海峡大橋を越え、徳島県鳴門市へ。
CYCLE SPACE UZU様のウェブサイト撮影です。

1Fは自転車の販売と修理、受付、2Fは自転車関連のグッズ販売になっています。
チェーンを利用した電灯が、自転車屋さんならでは。

常連さんが自転車に乗ってふらっと立ち寄る雰囲気があり、この日も撮影にご協力していただきました。

僕が大阪市都島区から来たと伝えると、自転車販売の大手、サイクルベースあさひの本社がある町ですね!と。

僕はラレーのクロモリのロードバイクに乗っていますが、自転車は気軽で奥の深いスポーツです。
大阪市内にも自転車専用の道路がありますが、もっと増えてほしいです。

介護老人福祉施設 楽寿園様の撮影

介護老人福祉施設 楽寿園様の撮影
介護老人福祉施設 楽寿園様の撮影
介護老人福祉施設 楽寿園様の撮影
今日は兵庫県西脇市、日本のへそ公園の近く、自然に囲まれた介護老人福祉施設『楽寿園』様のウェブサイト撮影。
大阪市内からバイクで向かいました。天候が良く、道中はツーリングです。

今回の撮影では、外観、内観などの施設紹介に加え、人物の撮影に、よりスポットを当てました。

介護福祉士、栄養士、看護師、それぞれ思いがあって、現場で働かれています。
精一杯、懸命に働いている瞬間を写真に切り取って表現し、ウェブサイトに掲載することで、いろんな人に伝わります。

僕自身、フォトグラファーになる前は、介護の仕事をしていたこともあり、今回の撮影は、とても印象が深く、撮影をしながら、胸があたたかくなる気持ちになりました。

デュビア(アルゼンチンモリゴキブリ)株式会社warning colors様の撮影

CRF250Lキャンプ使用
株式会社warning colors様の撮影
アルゼンチンモリゴキブリ(デュビア)の撮影
本日午前中は、奈良県内にある株式会社warning colors様のウェブサイト撮影。
山道をバイクで走ると、大きな施設があり、そこで栄養価の高いデュビア(アルゼンチンモリゴキブリ)とレッドローチを飼育しています。

アルゼンチンモリゴキブリはダンゴムシのようでかわいいけど、レッドローチの方は家庭でよく見るタイプのゴキブリです。
ゴキブリの撮影は初めての経験で驚きの連続。アップで見るのも初めて。
子供の頃から、無意識にゴキブリは怖いと思っていたけど、体の模様など、よく見るとかっこいい。

ゴキブリは3億年前から生息している生きた化石。
アルゼンチンモリゴキブリは、昆虫食としても注目されています。