インタビュー動画撮影 EOS R5&RF24-70mm&ワイヤレスゴー&プロフォトB10

インタビュー動画撮影の機材はEOS R5&RF24-70mm&ワイヤレスゴー
今月に入って、インタビュー動画撮影の案件が5件ありました。

撮影した企業様
業務用ケーキ卸業、解体工事、仏壇供養、超音波溶着加工、医療アプリ開発と
業種は様々です。
今後もシリーズで続きます。

使用した機材
・カメラとレンズは、EOS R5とRF24-70mm F2.8 L IS USM
・マイクは、ロードのワイヤレスゴーとラベリアゴー
・照明は、プロフォトのB10
・三脚は、マンフロットの190go! M-lock カーボンファイバー三脚4段
・雲台は、Leofoto G4 ギア雲台
EOS R5でインタビュー動画撮影
カメラとレンズは、EOS R5とRF24-70mm F2.8 L IS USM

三脚に固定し、AF方式は追尾優先AFにしました。

5D mark4にEFレンズの組み合わせでは、ピントを外すことが多かったですが、R5とRF24-70mmのセットでは、一度もピントを外すことがなく、AFは完璧でした。

マイクは、ロードのワイヤレスゴー。

今回はじめて導入しましたが、送信機と受信機のペアリングも早くて、音声の遅延もなく、きれいに撮れます。
送信機にラベリアマイクが内蔵されていますが、形が目立つので、同じくロードのラベリアゴーを組み合わせて使用しました。

注意点として、ラベリアゴーと似ているロードのロードリンクラブマイクという製品がありますが、こちらはワイヤレスゴーでは使用できません。

照明は、プロフォトのモノプロックストロボ、B10。

こちらはストロボ(フラッシュ)ですが、LEDが付いていて、色温度も変更可能、定常光ライトとしても使用できます。

僕のような写真がメインのフォトグラファーでも、最近は動画の撮影依頼があります。
プロフォトのB10は、写真と動画の両方で使用できるハイブリッド。便利です。

株式会社うみのほし様の撮影

株式会社うみのほし様の撮影
今日は兵庫県明石市にある介護施設うみのほし様のウェブサイト撮影。
敬老の日ということで、施設ではゲーム大会が行われ、その様子を中心に撮影しました。

僕にはもう祖父母がいないので、高齢者の方と日常で接する機会がなく、撮影しながら、ほっこりした気持ちになりました。

テネレ700のローシートがおすすめできない理由

僕の身長は172㎝、標準体重、手足の長さも標準です。
スタンダード仕様で跨ってみると、両足爪先立ちの状態でした。 

テネレ700には、ローシートで2㎝、ローダウンリンクを入れることで1.8㎝、合計3.8㎝のシート高を下げることができます。 

僕は納車時は、ローダウンリンクは入れず、シートのみ変更し、2㎝下げました。
1枚目の写真がその仕様です。

この仕様で長距離を走ると、肩や首、お尻が痛くなりました。
お尻が痛くなるのは、ノーマルのスタンダードシートよりクッションが少なくなるので理解していましたが、肩や首が痛くなると、長距離走行が辛いです。

原因は、ハンドル位置に違和感がありました。
テネレ700は、シート高が高く、足つきばかりが注目されますが、それと同じくらい、ハンドルの位置が高くて遠いことです。
ハンドル位置が高いと、肩と腕が上がった状態になり、肩だけでなく、首にも負担がかかります。

この仕様で1700キロほど走り、パフォーマンスダンパーを装着の際に、シートとリンクを逆に変更しました。

こちらの写真は、ノーマルのスタンダードシートに、ローダウンリンクを入れた状態です。
1枚目の写真と比べて、シートの凹み(カーブ)がゆるくなっています。

この仕様で跨った瞬間、これだ!!と思いました。
実際に走り出してみると、乗り心地は全く違います。

ローシートからスタンダードシートに変更したことで、ハンドルの高さに違和感がなくなり、適正なポジションになったことで、姿勢が安定。
ハンドル位置も少し近くなりました。
肩や首の痛みもなくなり、シートのクッションも快適。

僕と同じくらいの身長で、シートorリンクのどちらかを変更する際は、
スタンダートシートにローダウンリンクが絶対的におすすめです。

原田哲也さんのYouTubeチャンネルでも同じ感想のようです。

ローシートとローダウンリンクの両方を入れた場合、ハンドル位置が犠牲になりますので、ハンドルの位置や高さの調節が必要だと思います。
純正ではなく、社外品にそのパーツが販売されています。

株式会社アリヨシ様の撮影

株式会社アリヨシ様の撮影
今日は大阪府八尾市にある、空調工事・医療配管工事・資材販売の株式会社アリヨシ様のウェブサイト撮影。

オフィスがとても美しく、倉庫の機材、資材もきれいに整頓されていて、どこを撮影しても写真が映えます。
今回は人物を中心に撮影をしました。

EF24-70mmF2.8L II USMからRF24-70mm F2.8 L IS USMへ

EF24-70mmF2.8L II USMからRF24-70mm F2.8 L IS USMへ
EF24-70mmF2.8LII  USMからRF24-70mm F2.8 L IS USMへ
EOS R5からミラーレスに完全移行し、これまでコントロールリングマウントアダプターを介してEF24-70mmF2.8L II USMを使用していましたが、RF24-70mm F2.8 L IS USMを導入。
同じ焦点距離&F値でもRFレンズの方が一回り大きい。

R5との組み合わせで、 AFは超高速。
RFレンズの最大の魅力は、カメラ本体だけでなく、レンズに機能を割り当てるコントロールリングがあることです。

今後、R5を使用した動画撮影の案件が増えていくので、この組み合わせは最適。