RF50mm F1.8 STMのレビュー

RF50mm F1.8 STMのレビュー
2020年12月24日。
クリスマスイヴの日に、RF50mm F1.8 STMがやってきました!

今年から完全にミラーレスに乗り換え、RF24-70mm F2.8 L IS USM、RF70-200mm F2.8 L IS USMに続く、3本目のレンズがこのRF50mm F1.8 STMになります。

コントロールリングマウントアダプターを装着して、EF50mm F1.8 STMを直前まで使用していましたが、テスト撮影を通じて進化をはっきりと感じました。

最初に目につくのは、フォーカスとコントロールリングの切り替えスイッチです。

AFとMFの切り替えスイッチがないので、ピントをMFで合わせる時は、スイッチでの切り替えではなく、メニューなどから行う必要があります。

メニューからフォーカスモードをMFにして、フォーカスガイドを(入)にします。
コントロールリングにはISOの設定を割り当て、状況に応じて調節。
この設定で、MFでも瞬時に撮影ができます。

コントロールリングのクリック感は全くありません。
クリック感の設定はできないので、ここは賛否が分かれるところです。
RF50mm F1.8 STMのレビュー
AFでの写真、動画撮影もUSMではなく、STMですが、問題ない早さです。

最短撮影距離は30Cm。
EF50mm F1.8 STMより5㎝寄れます!
この5cmは、体感としてはとても大きく、小物などを撮影するのにピッタリです。

そして何より嬉しいのは、価格設定。
先に手に入れた2本のレンズは30万円前後しますが、こちらは25000円ほど。
低価格とは思えない、描写力、性能です。

今後はサブ機にRF50mm F1.8 STMを常時装着。
いつでも撮影できるように、カメラバッグに忍ばせておきます。