医師インタビュー撮影

医師インタビュー撮影 コロナ対策
今日はホテルモントレグラスミア大阪で、医師のインビュー撮影。

インタビュー撮影は、フルサイズのミラーレスカメラが必須の条件です。
ミラーレスの理由は、もちろんシャッター音。
インタビュー撮影となるホテルの一室では、医師以外に、製薬会社様、制作会社様など関係者が多く集まります。

その緊迫した雰囲気の中で、カメラのシャッター音が鳴ってしまうと、目立ってしまいます。
フォトグラファーは現場の中に溶け込み、撮影するのが鉄則です。

スポーツやスナップ撮影では、従来の一眼レフカメラがまだまだ主流ですが、ビジネス写真の現場はミラーレスカメラが必須になってきています。

フルサイズの理由は、インタビュー中はストロボが使えず、室内も暗いので感度を3200以上に上げます。
APS-Cやマイクロフォーサーズではノイズが多く、フルサイズのアドバンテージは大きい。

今回の問題は、コロナ対策のアクリル板です。
アクリル板が1枚ではなく、3枚を繋げているので、正面付近から撮ると、顔に切れ目ができます。
それに加え、対面するライターさんの顔も反射してしまいます。

撮影は両サイドから、顔とアクリル板が重ならない位置で撮影し、インタビュー終了後に、室内の壁でポートレートを撮影しました。