テネレ700を契約

テネレ700を契約

テネレ700のプロトタイプを見たのは、2016年に掲載された一枚の写真でした。
トム・クルーズ主演のSF映画「オブリビオン」に出てくるロボットのようなバイクの雰囲気で、これが市販されたら、必ず購入すると心に決めていました。

こちらのプロモーション動画「The Next Horizon is Yours」は、2分弱の物語になっていますが、後半の惑星に向かって地平線を疾走する映像は圧巻です!!


そして2020年6月5日、日本でついに発売。
3月11日にアナウンスされ、「テネレ700」というキーワードが、ネットを騒がせました。

テネレ700は、YSP及びアドバンスディーラーのみで販売する「ヤマハモーターサイクル エクスクルーシブモデル」です。
生産に限りがあるので、最初の出荷を逃してしまうと、しばらく手に入りません。

3月14日、店舗によって販売台数に決まっていることもあり、事務所から最寄りのYSP大阪鶴見へ。
Googleマイビジネスの口コミも高く、社長様、息子の店長様も根っからのバイク好きという感じで好印象です。
まだ実車の展示はありませんが、何年も前から心は決めていたので即決。

支払い方法
こちらのお店は、50万円までPayPayが利用できます。
残りの金額を現金一括で支払う契約にしました。
クレジットカードは利用できませんが、一部でもPayPayが利用できるのが嬉しい。


テネレ700のローシート
公式サイトより
テネレ700のローダウンリンク
公式サイトより

ローシートとローダウンリンクのアクセサリーパッケージについて

テネレ700のシート高は、標準で875mmです。
シート高を下げるために、ローシートとローダウンリンクが販売されます。

・ローシートは税込価格27500円で、シート高を約20mm下げることができます。
・ローダウンリンク税込価格11880円で、シート高を約18mm下げるキットです。

この2つのアクセサリーを使用すれば、合計38mmのシート高を下げることができます。
このアクセサリーは、併用ではなく、単体でも使用できます。

ローシートを使用すれば足つきはよくなりますが、車体のビジュアルが変わります。シートを変えるだけなので簡単に変更可能。

ローダウンリンクは、リアサスペンションのリンク長を変更し、ビジュアルは変わりませんが、感触が変わります。車体を吊り上げて作業するので手間がかかります。

僕は身長が172㎝の標準体型で、ノーマルで乗ろうと思っていますが、もし足つきが不安な場合は、ローダウンリンクを変更しようと思っています。

実はこの話には、さらに?な内容があります。
契約した方、実際にお店で説明を受けた人はお分かりですが、こちらのオプション仕様を購入すると、無料でノーマルシートが付属します。
逆にノーマル仕様を選択すると、オプション仕様が付属しません。

ということで、僕はオプション仕様を選択。

シリーズで続きます!