プロフォトB10とB10Plusの併用について

プロフォトB10とB10Plusの併用について
モノブロックストロボは、1セット2灯が基本的な考えです。

1灯だけでも光は作れますが、2灯あるとバリエーションが広がり、何より現場で1灯がトラブルを起こした場合、もう1灯で対応できます。

B10の2灯セットを購入すると、専用のカメラバックが付属しますが、僕はあえて、 B10とB10 Plusを1灯ずつ購入しました。
理由は、今後の仕事を考えて、ワット数の違うタイプがほしかったからです。

出力はそれぞれ、B10は250ws、B10 Plusは500wsになります。

出力の違うB10とB10 Plusを同時に併用した場合、写真のようになります。
左がB10、右がB10 Plusです。

つまり、B10の方は、出力がプラス1になります。
例えば、B10が5.0という数値の場合、B10 Plusは4.0になります。

出力は2倍ですが、2倍の数値にはならないということです。
もしB10とB10 Plusの購入をお考えの方は、参考にしてください。