株式会社近計サービス様の撮影

株式会社近計サービス様の撮影

今日午前中は、大阪市平野区にある株式会社近計サービス様のウェブサイト撮影です。

1988年に株式会社近計システムの100%出資により誕生。
近計システムの主力製品の電力系統監視計測機器などの据付・保守点検・修理とエンジニアリングサービスをお客様に提供している企業様です。

撮影はお仕事風景、会議風景、グループ撮影、イメージカットなどです。
約一時間半で、様々なシーンを撮影しました。

EOS Rにはコントロールリングマウントアダプターが最強

EOS Rはにコントロールリングマウントアダプターが最強
EOS Rを発売日に購入し、もうすぐ1年になります。

5D mark4をメインとして仕事で使用し、こちらをサブ機の予定で購入しましたが、今では同じくらいの頻度で使用しています。

EOS Rの最初の印象は、従来とはあまりにも操作性が違い、戸惑うことが多かったのですが、その原因は、今回新しく搭載されたマルチファンクションバーの存在でした。

この機能を使いこなそうと試行錯誤しましたが、結果的に全く使用しない、ないものとしてEOS Rを使用するという結果になりました。

EOS Rの購入時にマウントアダプターを購入しましたが、後にコントロールリングマウントアダプターを追加購入しました。

結果としてEOS Rには、
コントロールリングマウントアダプターが最強です!!

マルチファンクションバーの機能を停止し、ダイヤルカスタマイズを、
メイン電子ダイヤルは、TVモード。
サブ電子ダイヤルは、AVモード。
コントロールリングは、ISO感度設定。

コントロールリングマウントアダプターにISOを設定することで、ファインダーを見ながら、リングをまわして瞬時に感度を変更できます。

そして何より、コントロールリングマウントアダプターが優れているのは、リングがカメラの本体に近い部分にあることです。

RFレンズは、レンズの先端部分にリングがあるので、左手でカメラを支えた時に、少し手を伸ばす必要があります。
EFレンズと組み合わせたコントロールリングマウントアダプターは、手の動きがほとんどなく、薬指で瞬時にリングを回せます。

コントロールリングマウントアダプターは素晴らしいアイデアで、他社にはない価値があります。

EOS Rの時期モデルの希望は、
ダブルスロットとマルチコントローラー、そしてRAWのサイズをS、M、Lと5Dmark4の仕様と同じが希望。

EOS Rには、C-RAWがありますが、サイズの異なるRAWの設定ができません。
その点、ソニーはRAWは最大サイズのみで、これは仕事として使用する者にとっては、とても使いにくい仕様です。

最近のファームウエアで瞳AFの検出精度が上がり、EOS Rは発売から進化しています。
約1年使用して、改めて素晴らしいカメラだと実感しています。

周囲のカメラマンは、ソニーへの移行が多いですが、僕はキヤノンが相棒です。

GR IIIのケース ロープロ ハードサイドCS20

GR IIIに最適のケース、ロープロ、ハードサイドCS20
GR IIIに最適のケース、ロープロ、ハードサイドCS20
リコーのGR IIIに最適のケースを見つけました。
ロープロのハードサイドCS20です。
型番はLP37164-PWW

軽量で丈夫な成形複合シェル構造を持ち、衝撃保護性に優れたケース。
2つのジッパーでケースが大きく開き、ケース内側のサイドの帯で落下防止になります。
内側のメッシュのポケットは、伸縮性があり出し入れしやすいです。
フックにつけるストラップが付属しています。

GR IIIがピッタリと収納でき、内側で遊びがありません。
ひとまわり大きいCS40がありますが、こちらだとバッテリーなども収納できます。
僕はピッタリのサイズがほしかったので、CS20にしました。

EISEI建設株式会社様の撮影

EISEI建設株式会社様の撮影

今日は奈良県生駒市にあるEISEI建設株式会社様のウェブサイト撮影です。

山を上がった場所にある、のどかな雰囲気の中に会社がありました。
仕事風景の撮影の他に、スタッフ様の撮影では、飛んでいただきました。
普段から肉体を動かしているお仕事の方は、ジャンプをした場合、ほぼ1カットでOKが出ます。

ジャンプの写真は、それぞれの飛び方で個性が出ますね!

ディーオーケープランニング神戸LAB様の撮影

ディーオーケープランニング神戸LAB様の撮影

今日は神戸市須磨区にあるディーオーケープランニング神戸LAB様のウェブサイト撮影です。

ご自身で設計されたビルの最上階がオフィス。
テラスからは360°美しい須磨の景色が一望。
クリエイターにとって、仕事の環境はとても重要です。
窓から見える景色や、近くに散歩ができる公園や川、海があると、気分転換ができて、仕事が捗ります。

バルーン専門店 Do studio様の撮影

バルーン専門店 Do studio様の撮影

今日は淡路島にあるバルーン専門店、Do studio様の撮影です。
オーナー様を新郎役にして、海でイメージカット撮影。
360度写真撮影の後、無事にバルーンが大空へ飛び立つ瞬間を撮影できました🎶

今回の写真は、こちらから見ることができます。
THETA Z1で360°VR写真撮影。
https://theta360.com/

ECサイトのモデルさん撮影2

ECサイトのモデルさん撮影2
モスバーガーにて、MacBook Proで画像処理

今日はECサイトのモデル様の撮影。2回目です。

若い頃の矢田亜希子に似ていてポージングが高速でバリエーション豊富。
専門学校の広告撮影後にプロのモデルさんを撮ると、やっぱりプロは凄いと思います。

明日から出張なので、モスバーガーで画像処理とセレクトをして本日中に納品。
iPadはwi-fiでテザー撮影、MacBook Proは画像処理、この日は二台持ちでした。

レスリー・キーの撮影アシスタントに

レスリー・キー氏の撮影アシスタントに
Leslie Kee's shooting assistant

世界的に活躍する写真家、レスリー・キー氏の撮影アシスタントを担当する機会に恵まれました。

仕事の内容は、照明など機材のセッティングやデータの管理、レスリー氏の本番の撮影以外の業務を行います。
VOGUEなどの撮影では、ハッセルブラッドを使用している光景を見かけますが、この日はキヤノンの5D mark4、僕も同じカメラを使用しているので、セッティングはスムーズでした。

撮影したデータは、テザー撮影でリアルタイムにMacBook Proのディスプレイに表示され、それを目安にレスリー氏は微調節をして追い込んでいきます。

世界的な写真家のそばにいて感じたことは、写真に対しての果てしない情熱と、少年のような好奇心を持ち続けていることでした。

撮影の合間に、ふらっと、どこかへ消えるレスリー氏。
彼の姿を探すと、花の前に座って、じっーと興味深く観察しています。
また別の時は、化粧品のポスターを眺めて、隅々まで観察しています。

その目は、まるで少年のよう。

人物にカメラを向ける時、コミュニケーションを大切にとりながら、やはり相手をよく観察しています。
観察することで、その人の個性や魅力的を探します。
この観察する力が、一般の写真家とは、大きく違うのだと思いました。
それは生まれ持った能力もあると思いますが、日々の生活の中で鍛錬されていると思います。


大阪市内から、新大阪へ向かうタクシーの車内での出来事。
新御堂筋は、自動車と電車がスレスレで並走します。
それに驚いたレスリー氏。

『何これ!!!電車がギリギリ走ってるよ!!日本でこんなのはじめて!!!』

そう言って、並走する電車の乗客に笑顔で手を振ります。
iPhoneでその様子を動画撮影するレスリー氏。
スレスレに並走するので、人の表情まではっきりとわかります。
笑顔で手を振り続けるレスリー氏を見て、戸惑う乗客もいれば、高校生や子供たちは、ノリノリで手を振り返してきました。

まさか、タクシー車内から手を振る人物が、実は世界的な写真家。。。


新大阪から京都まで、新幹線車内での出来事。
駅弁を食べながら、僕は一緒に記念写真を撮ろうと提案してみました。

『今撮るの??どうやって??』

僕はカメラバッグから、THETA Z1を取り出しました。
iPhoneのディスプレイで確認しながら、360°撮影できるこのカメラを見て、レスリー氏はびっくり。

『何これ!? すごい!! 僕に撮られて!!』
このブログに掲載している写真が、その時に撮影したものです。

レスリー氏は、もしかしてTHETAの存在を知っていて、僕を喜ばせるために、わざと知らないふりをしていたのかもしれません。
そんな優しい気遣いができるからこそ、誰からも好かれるんだと思います。


写真の技術を追求すれば、きれいな写真は撮影できます。
レスリー・キーという人物は、技術だけでなく、人の心を掴み、撮影した相手をハッピーにできることが、この方の凄さです。

ポートレート写真の原点は、人の魅力を引き出し、その人をハッピーな気持ちにさせること。

ポートレート写真とは何かを、レスリー・キー氏から学ばせていただきました。
感謝!!!!!!!

今回の写真は、こちらから見ることができます。
THETA Z1で360°VR写真撮影。
https://theta360.com/