iMac 27インチ 2019 Core i9 8コアのレビュー

iMac 27インチ 2019 Core i9 8コアのレビュー

iMac 27インチ 2019を導入することになりました。

iMac Proではなく、iMac2019を選んだ理由は、
iMac2019のフルスペックは、iMac Proの下位モデルよりも、シングル、マルチともにスコアが上。
メモリを自分で交換できることで、価格的にも少しお得になります。

27インチiMac Retina 5Kディスプレイモデルをカスタマイズ

・プロセッサは、第9世代Core i9 8コア16スレッド、3.6GHz(Turbo Boost使用時最大5.0GHz)

今回のiMacの目玉となるCore i9 8コア16スレッドは、Core i5 6コアとは、やはりスピードが違います。
iMac Proのプロセッサ、Xeonに対抗できるのは、Core i9です。

・ストレージは、1TB SSD

これまでは3TBのFusionDriveを使用していました。
3TBのFusionDriveには、128GBのSSDが組み込まれていますが、ユーザー側で分割することができないので、PCのスペックを活かしきれていない印象でした。
1TBという容量は少ないですが、システムなどのファイルは本体に、写真などのデータはすべて外付けのハードディスクヘ置くことで、問題なく、PCのスペックを活かせます。

・グラフィックは、Radeon Pro Vega 48(8GB HBM2メモリ搭載)

標準モデルでは、Radeon Pro 580Xが搭載されていますが、動画編集も考えてVegaにしました。

メモリは、8GB 2,666MHz DDR4

メモリは後から自分で追加できるので最小で。追加は純正品ではなく、社外品にしました。

以上の構成で、税込434,484円、
メモリを64GBにした場合は税込553,284になります。

アップルではなく、Mac専門店の秋葉館は法人、個人事業主であれば、2%の割引があります。
8GBのメモリにした見積もりは、421449円で、13035円の値引きになりました。
64GBのメモリを別途購入すると、50万円弱で購入することができます。

4月8日に見積もりが届き、9日にクレジットカードで決算。
その日に発注して到着は4月24日。予定通り約2週間でした。

iMac 27インチ 2019 Core i9 8コアのレビュー

この写真を見て、すぐにお分かりになると思いますが、メモリは8GBです。

僕と同じように、iMac2019のメモリを購入する人が殺到し、1枚16GBのメモリセットが、メーカー在庫切れ。。
到着は、GW明けということで、それまではこの状態です。

core i9に、メモリが8GBとアンバランスな状態ですが、意外と普通に使用できます。

iMac 27インチ 2019 Core i9 8コアのレビュー

Blackmagic Disk Speed Testで、本体のSSDのスピードを計測してみました。

測定結果は、
書き込み(WRITE):2047.6MB/s
読み出し(READ):2547.7MB/s

立ち上がりのスピードは、SSDにしたことで、FusionDriveとは違って高速!
Lightroomは普通に使用できますが、書き込みのスピードが、やはりゆっくりです。
メモリを追加すると、さらにスピードが上がるかもしれません。

次回に続く。。