宮越製砥株式会社様の撮影 2日目

焼成炉から砥石を取り出す
焼成炉から砥石を取り出す
宮越製砥株式会社の砥石
焼成炉から取り出した砥石

宮越製砥株式会社様のホームページ撮影。
前回の撮影から三日目の朝。

早朝、熟成させた砥石を焼成炉から取り出します。
前回、撮影した日の夜に火を止めていますが、砥石には熱が残っていて、まだ熱い。

社長様は、砥石を耳に当てて、指で弾き、狙った硬度が出ていると安心した様子。

砥石には、それぞれ硬度があり、用途によって使い分けます。
砥石の積み方によっても、火の通りが違うので、積み方にも様々な工夫があります。

技術が進歩して、薪で火を焚いていた頃とは違いますが、どんなに技術が発達しても、絶対はありません。

それはやはり経験、そして職人の技です。

ホームページの公開前なので、写真はほんの一部です。人物が写っている写真も控えています。
公開されましたら、再度お知らせ致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。