しげちゃんのからあげとEOS R

今日は、大阪市浪速区難波中に新しくオープンした「しげちゃんのからあげ」のメニュー撮影と、
社長様の等身大パネル撮影、第2回目でした。

等身大パネルの撮影では、前回と同じく、お店の前のフェンスに白のバック紙を貼って、全身撮影。
今回は、しげちゃんのからあげに加え、隣に新しくオープンする飲み屋さん用の看板の撮影です。
この飲み屋さんでも、しげちゃんのからあげと、株式会社ミレニアムダイニング様の名物だしまきが、お酒と一緒に楽しめます。

この日は小学生の娘さんが、撮影のアシスタントをしてくれました。
将来の夢は何?と聞くと、美容師になりたい!とのこと。
カメラマンもいいよ!とさりげなくアピール。

キヤノン初のフルサイズミラーレスカメラ、EOS Rには、シンクロターミナルの接点がありません。
そのため、シンクロコードでストロボを繋ぐことができず、UNのIRT-20という赤外送信器をホットシューにつけて撮影。
赤外線送信機は、ストロボのセンサーの向きによっては発光しないことがあるので、
ホットシューにシンクロコードをつけるアダプターを購入する必要があります。
この辺りが5Dではなく、6Dクラスなのだと実感。

しげちゃんのからあげ、なんば本店の住所は、大阪市浪速区難波中1-3-15
ド派手な看板と、からあげを持ってサムズアップのポーズをしている社長様のパネルが目印です!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。