相棒の卒業-新たな旅立ち

この一年間、様々な現場で、ともに活動した彼が、本日付で退社し、新たな夢に向かって旅立つことに。
専属の助手がいない僕にとって、彼のアシストなしでは、この一年間を乗り切ることはできなかったです。

彼は僕より20歳年下の青年。
親子ほどの年の差。
手足が長く、モデルのような雰囲気に反して、純粋で真っ直ぐ、そして時に愉快な彼。

一緒に過ごす時間が長かったので、
仕事の話、プライベート、家族の話、子供の頃の体験など、
この一年で、もっとも会話をしたのが彼でした。

独身で一人暮らし、仕事だけが生きがいの僕にとって、
彼は弟のような、家族のような気持ちにもなっていました。

親しい仕事仲間が集まって、彼の送別会を行いました。
場所は北新地のイタリア大衆食堂、堂島グラッチェ本店。

その前に、彼にプレゼントを贈ろうと、ヨドバシ梅田へ。

デジタルカメラは数年経てば価値がなくなっていくのて、ずっと価値が変わらない物を。
そこで選んだのは、シチズンの腕時計、チタンのプロマスターでした。

この一年をみんなで振り返り、「若さ」という無限の可能性を感じました。

僕は現在43歳。
年齢的にはもう若くありません。

気持ち的に若いつもりでも、20年前のがむしゃらで怖いもの知らず、
そんな気持ちを持てるはずもなく、チャレンジしているつるりでも、
どこかで保守にまわっている自分も感じています。

それが年を重ねること、大人になることだと思いますが、
世間知らずの無茶ができた、あの頃の気持ちを愛おしくも思います。

「若さは無限の可能性」
だからこそ、その可能性を伸ばすために、どのような人生を送るのか。
運や偶然もありますが、すべては自分の行動次第です。

若くはない、中年の僕もまだまだ夢の途上にいます。
彼のまっすぐさに負けないように、僕も頑張ります。

K君、たくさんの想い出をありがとう。
そして、またいつか、どこかで。。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。