音楽PVの広告撮影

 

今日は某所で、音楽PVの撮影。
現場にチームが集結し、12時間に及ぶ撮影でした。

僕は広告に使用するスチールの撮影です。
映像のカメラマンの機材は、すべてソニー。
デジタル一眼での動画撮影は、ソニーが主流、そしてパナソニック。

キヤノンやニコンは実用的ではなく、キヤノンの場合はさらに映像に特化したシネマカメラになります。
来月発売のEOS Rの動画性能も、シングルスロットや4K撮影時の画角クロップなど、マイナス点も多く、まだしばらくはソニーの天下になりそうです。
パナソニックから8K動画の噂もあり、海外で撮影したパナソニックのデジタル一眼のドキュメンタリーCMは、個人的にはすごく好きです。

この日はドローンも飛ばしました。
特に映像の世界では、ドローンは必須ですが、スチールはまだまだ普及していないと思います。

広告の世界は、クライアントが細部までこだわるので、腕のいい、スペシャリストが集まります。
それぞれで活躍するプロの仕事を見ることで勉強にもなり、刺激にもなります。

僕にとってプロとは、専門性に特化し、遊び心と、厳しさを両方持ち得た状態です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。