EF24-70mm F2.8L II USMとEF24-105mm F4L IS II USM

EF24-70mm F2.8L II USMとEF24-105mm F4L IS II USM

EF24-70mm F2.8L II USMとEF24-105mm F4L IS II USM
どちらもキヤノンの現行機のLレンズ。

24-105は、I型の頃から愛用していて、特にスナップ撮影では、常用レンズとして、いつもカメラのボディに装着していました。

II型になって良かった点は、
逆光に強くなったこと、レンズフードの着脱がプッシュ式になって、使いやすくなったこと。

残念な点は、I型と変わらない解像力。。。
そのため、このレンズを使用する際は、いつもシャープネスを強くかけていました。

24-105のII型は、ほぼ発売日に購入しましたが、どうしてもその性能に満足できず、すぐに24-70を購入。

同じ状況で撮り較べた結果。

同じズームのLレンズでも、24-70の方が、はるかにシャープで美しい。
AFのスピードも早く、少しだけコンパクト(重量はほぼ同じ)

24-70の利点は、何と言ってもF2.8の明るいレンズで、背景のボケがきれいに表現できる。
24-105の利点は、105mmまでのズーム域と、手振れ補正機能搭載。

5D mark4とEF24-70mm F2.8L II USM

現在、仕事で使用する9割が、24-70になりました。

仕事はインタビューやポートレートなどの人物撮影が多く、レンズ交換することなく、70mmでF 2.8の明るさを生かすことができるからです。

もし24-105の場合、別に50mmや85mmの単焦点レンズが必要になり、レンズ交換をする時間のロスが発生します。

手振れ補正ですが、望遠レンズなら必須ですが、広角や標準ズームでは、シャッタースピードや感度を上げることで、手ブレをしない撮り方で対応できます。

スナップ撮影をメインに仕事をしていた頃は、望遠側の70mmと105mm、この35mm分の距離がどうしても必要でしたが、今の仕事では、105mm以上が必要な時は、望遠に交換しています。

そして何より、写真としてきれいに写るのは、24-70の方です。

それでも24-105を手放せないのは、月に一度くらいのペースで、イベントを撮影をする仕事があり、画質よりも、少し長めの標準ズームが必要になるからです。

EF24-105mm F2.8L USMの発売に期待していますが、なかなか実現しません。