ウェディング事業のRADIANCE様の撮影

ウェディング事業のRADIANCE様のホームページ撮影
ウェディング事業のRADIANCE様のホームページ撮影

岡山県の出張撮影2日目。
午後からは、ウェディング事業を岡山で展開するRADIANCE様の撮影でした。

Webサイトは、いくつか持っておられるのですが、今回は新しいWebサイトを立ち上げることで、スタッフ様を中心に、外観、内観、衣装などを撮影しました。

岡山県での2日間、4件の企業のホームページ撮影は、こちらで終了です。
昨年から、岡山での仕事が増え、また近い内に訪れることになります。

株式会社ウィルエコ様の撮影

株式会社ウィルエコ様のホームページ撮影 一般廃棄物収集運搬
株式会社ウィルエコ様のホームページ撮影 一般廃棄物収集運搬

岡山県の出張撮影2日目。
午前中は美作市にある一般廃棄物収集運搬業の株式会社ウィルエコ様の撮影です。

僕は何かを作り出す工業、製造業の撮影を数多く行なっていますが、作り出された物を廃棄する企業様を撮影するのは、今回がはじめてでした。

生産される時は、機械によって大量生産されますが、ビン類、電池、紙など、それらを分別するのは、人の手作業です。

生産から廃棄、どちらの現場も撮影することで、社会の仕組みが見えてきます。

和モダンなお宿かつらぎ。岡山撮影ロケで宿泊

和モダンなお宿かつらぎ。岡山撮影ロケで宿泊
和モダンなお宿かつらぎの外観
湯郷温泉のモニュメント
和モダンなお宿かつらぎ。夜は部屋でデータのRAW現像
和モダンなお宿かつらぎの朝食。豪華です!
和モダンなお宿かつらぎの朝食。豪華です!

岡山県で企業のホームページ撮影が4件あり、本日2件、明日2件とスケジュールを組みました。

宿泊はビジネスホテルではなく、湯郷温泉、和モダンなお宿かつらぎさんで。
ロビーの前に置かれているマウンテンバイクは料金無料。
露天風呂は広くて、リフレッシュできます。

夜は部屋に戻って、データの現像と納品。
コカ・コーラゼロで一人乾杯。

今回は1泊朝食付き7800円、入湯料200円、8000円のプラン。
宿や部屋の雰囲気、温泉の質、豪華な朝食と大満足でした。

しんかいのホルモンうどん

しんかいのホルモンうどん

しんかいのホルモンうどん
しんかいのホルモンうどん

撮影で岡山県美作市にやってきました。

湯郷温泉、和モダンのお宿かつらぎに荷物を置いて、無料レンタルのMTBに乗って街を散策。
辺りが薄暗くなりはじめた頃に、こちらのお店に到着。

夕方からの客は僕が最初のようです。ホルモンうどんを注文。
鉄板で焼いてくれました。

鉄板からジュッーとした音と立ち上がる湯気、甘いソースの匂い、そして窓の外からポタポタと雨の滴る音も。

店内には、僕とオーナーの二人。
そして、ホルモンうどん。

高級あぶらとり紙のかがみ様の撮影

高級あぶらとり紙のかがみ様のホームページ撮影
高級あぶらとり紙のかがみ様のホームページ撮影

今日は枚方市にある高級あぶらとり紙のかがみ様の撮影。
オーナーから、あぶらとり紙について熱く語っていただきました。

デザイン、素材、肌触り、吸収力、うーん、奥が深い!!

こちらの商品は、高級あぶらとり紙(文字シリーズ)40枚入り、350円です。

ドクター座談会撮影 in グランヴィア大阪

ドクター座談会撮影 in グランヴィア大阪

今日はホテルグランヴィア大阪でドクターの座談会撮影でした。

3人のドクターの座談会の全体風景、個別でのショット、最後に集合写真撮影です。
以前はモノブロックストロボを天井に向けて立てていましたが、今はクリップオンのみ天バンで撮影しています。

ドクター取材撮影は、スケジュールを把握して、無駄の動きをなくして、流れるように撮影するのがコツです。

Webサイトのコラムに、医療座談会撮影について書いていますので、よろしければご覧ください。
https://cowchil.com/Medical-roundtable-shooting.html

バイエル薬品本社でインタビュー撮影

バイエル薬品本社でインタビュー撮影 パナソニックのレッツノートの魅力

今日はブリーゼタワーにある、バイエル薬品本社でインタビュー撮影でした。
撮影内容は守秘義務があるので書けませんが、今回はノートパソコンの話題に触れたいと思います。

僕はノートパソコンは、アップルのMacBook Proを愛用しています。
このパソコンの良さは、Retinaディスプレイの美しさと、使いやすさです。
多くのカメラマンが使用していることもあり、カメラマンにとっては最適なパソコンだと言えます。

一般的な営業職は法人価格で、海外メーカーのWindowsのノートパソコンを使用しているケースが多く、カメラマン以外の専門職、ライターさんや大学の教授、医師など、これまで撮影を通じて出会いの中で多いと感じるのは、パナソニックのノートパソコン(レッツノート)です。

WindowsからMacに移行する前、僕もパナソニックのノートパソコンを愛用していました。

パナソニックのレッツノートの良さは、開発から基板の実装、組み立てまで、すべて国内で行なっている、信頼の国内生産。

そして僕が使用していて、もっとも優れていると感じたのは、圧倒的な衝撃性能です。
パソコンが壊れてしまうと、仕事に大きな影響が出てしまいます。
その点、レッツノートは衝撃や振動に強く、実際にレッツノートを愛用しているユーザーに聞くと、その点がもっとも購入のポイントであるようです。

もしWindowsを再び使用することになった場合、ノートPCはレッツノートにする予定です。

一流の営業マンから学ぶ

今日は東大阪市小阪にある損害保険、生命保険の代理店、
株式会社エージーネットワーク様のホームページ用の撮影でした。

社長様は、映画俳優のような渋みのある方なのですが、ポートレートをお撮りする際に、ネクタイが膨らんでいたので、それを修正しようとお伝えすると、これは英国式スタイルとのこと。

これまで様々な業種の社長様を撮影してきましたが、このようなケースははじめてで、勉強させていただきました。

以前、藤巻幸大さんの著書で、一流の営業マンは一流のスーツを着こなすという記述がありました。

営業マンは、常に人に見られる仕事です。
その営業マンのスーツが汚れていたり、シワになっていたりすると、仕事ができない印象に繋がります。

今回、社長様のネクタイを見て、経営者であると同時に、一流の営業マンだと感じました。


プロカメラマンにとって、カメラなどの撮影機材は重要なビジネスツールです。
そのカメラが汚れていたり、傷だらけだと、仕事が雑な印象を相手に与えてしまいます。
カメラを大切に扱い、撮影後はきちんとメンテナンスをすること、それがプロカメラマンの仕事です。

戦場カメラマンや登山などのフィールドカメラマンは、過酷な現場なので、必然的にカメラに汚れや傷がつきますが、それは特殊なケースです。
一般のカメラマンは該当しません。


一流の営業マンは、きれいにスーツを着こなす。
一流のカメラマンは、カメラを大切に扱う。

それぞれ相手(お客様)への印象が大切です。

株式会社エージーネットワーク