株式会社サナエ企画様の撮影

株式会社サナエ企画様の撮影
今日午前中は、大阪府狭山市にある介護事業所のサナエ企画様の撮影。
さなえケアプランセンター、ホームヘルプサービス、介護事業所です。

スタッフ様は集合してすぐに現場に出るため、個人写真、集合写真、相談風景、外観、内観を30分で撮影。
医療と介護の現場はスピードが求められます。

リブワークス合同会社様の撮影

リプボートのリブワークス合同会社様の撮影
リプボートのリブワークス合同会社様の撮影
今日は兵庫県西宮市今津にある、リブボートの専門ディーラー、リブワークス様のウェブサイト撮影です。

日本人とカナダ人による共同会社で、お二人とも海の似合う男性で、ボートで疾走するシーンは、アメリカのテレビドラマ「マイアミバイス」のようでした!

実際に2隻のリブボートに乗りましたが、高速運行で、回転が滑らかです。
撮影の様子は、こちらから見ることができます。  
THETA Z1で360°VR写真撮影。  
https://theta360.com/ 

株式会社A-TECH(エイテック)様の撮影

株式会社A-TECH(エイテック)様の撮影
株式会社A-TECH(エイテック)様の撮影
今日は神戸市北区にある道路工事の株式会社A-TECH(エイテック)様のウェブサイト撮影です。

早朝バイクで現場に着くと、スタッフ様たちが大集合。
集合写真を撮影してから、皆様それぞれのトラックに重機を積んで、現場に向かわれました。

Profoto B10とB10 Plus

Profoto B10とB10 Plus
Profoto B10とB10 Plus
Profoto B10とB10 Plus
ストロボは2灯で1セット。
B10を2灯ではなく、B10 Plusと組み合わせています。

B10は250Ws、B10 Plusは500Ws。
バッテリーは共通。直径は同じで長さが違うだけ。

B10はフル出力で最大400回発光
B10 Plusはフル出力で最大200回発光

同じ出力で発光させた場合、発光回数は同じになるのか、プロフォトに問い合わせました。

回答は、
B10を250Wでフル発光、B10 Plusを出力を半分にして発光させた場合の発光回数は、一度コンデンサにチャージアップがされる関係上、B10 Plusの方が、バッテリーの減りが多くなります。
とありました。
これがどれほどの差になるのか、今後検証します。

このストロボの優れた点はたくさんありますが、ストロボとスタンドをセットするアダプターが外れるので、カメラバッグに入れやすく、レンズと同サイズです。
ちなみに付属のハードケースは、B10、B10 Plusともに同じです。

これにA1Xを組み合わせて、ロケには最強のセットです。

鳥取県立博物館内 カフェ・ダール ミュゼ様の撮影

鳥取県立博物館内 カフェ・ダール ミュゼ様の撮影
鳥取県立博物館内 カフェ・ダール ミュゼの薬膳鳥取牛すじカレー
今日は鳥取県立博物館内にあるレストラン、カフェ・ダール ミュゼ様のウェブサイト撮影です。

こちらは正面玄関のすぐ横にある大きなガラス張りのお店で、地元の食材を使ったメニューが豊富です。

中でも一番人気は、薬膳鳥取牛すじカレーで、撮影前にいただきました。

撮影はEOS R、iPad、プロフォトB10。
すべての機材をワイヤレス化。
電源が不要で、どこにでも設置ができ、コードに足が絡まって転倒することもなく、見た目もすっきり。荷物も軽量です。

撮影の様子は、こちらから見ることができます。  
THETA Z1で360°VR写真撮影。  
https://theta360.com/