インタビュー動画撮影 EOS R5&RF24-70mm&ワイヤレスゴー&プロフォトB10

インタビュー動画撮影の機材はEOS R5&RF24-70mm&ワイヤレスゴー
今月に入って、インタビュー動画撮影の案件が5件ありました。

撮影した企業様
業務用ケーキ卸業、解体工事、仏壇供養、超音波溶着加工、医療アプリ開発と
業種は様々です。
今後もシリーズで続きます。

使用した機材
・カメラとレンズは、EOS R5とRF24-70mm F2.8 L IS USM
・マイクは、ロードのワイヤレスゴーとラベリアゴー
・照明は、プロフォトのB10
・三脚は、マンフロットの190go! M-lock カーボンファイバー三脚4段
・雲台は、Leofoto G4 ギア雲台
EOS R5でインタビュー動画撮影
カメラとレンズは、EOS R5とRF24-70mm F2.8 L IS USM

三脚に固定し、AF方式は追尾優先AFにしました。

5D mark4にEFレンズの組み合わせでは、ピントを外すことが多かったですが、R5とRF24-70mmのセットでは、一度もピントを外すことがなく、AFは完璧でした。

マイクは、ロードのワイヤレスゴー。

今回はじめて導入しましたが、送信機と受信機のペアリングも早くて、音声の遅延もなく、きれいに撮れます。
送信機にラベリアマイクが内蔵されていますが、形が目立つので、同じくロードのラベリアゴーを組み合わせて使用しました。

注意点として、ラベリアゴーと似ているロードのロードリンクラブマイクという製品がありますが、こちらはワイヤレスゴーでは使用できません。

照明は、プロフォトのモノプロックストロボ、B10。

こちらはストロボ(フラッシュ)ですが、LEDが付いていて、色温度も変更可能、定常光ライトとしても使用できます。

僕のような写真がメインのフォトグラファーでも、最近は動画の撮影依頼があります。
プロフォトのB10は、写真と動画の両方で使用できるハイブリッド。便利です。

ミリアンデニ様の撮影

ミリアンデニ様の撮影
プロフォトB10プラスでアパレル撮影
今日はレディースアパレルのミリアンデニ様の撮影。
事務所が長堀橋から難波に移転して、最初の撮影でした。
モデルは龍野伶奈さま。

なんばパークス付近にあるRE-020というリノベーションオフィスで、エントランスはSFのセットのような重厚な雰囲気でかっこいい。

シーズンが終わって4ヶ月間の撮影が空き、この期間に撮影機材も変更。
使用するメインカメラが5Dmark4からR5に変わり、完全にミラーレスに移行。
レンズはRF70-200mm F2.8 L IS USMに、プロフォトB10とB10plusという最強の組み合わせ。

ソリッドソニック様の撮影

ソリッドソニック様の撮影
「届けたい、音がある」

今日は世界初“難聴者”も聴こえる骨伝導イヤホンのソリッドソニック株式会社様のウェブサイトと広告撮影。

モデルは株式会社ルーセント所属の鈴緒様。

スタジオでメインビジュアルを撮影し、併設しているカフェスペースで、実際に商品を使用しているイメージ撮影。

クライアント様、関係者様の想いの詰まったサイトの完成が楽しみです☆

吉正織物工場様の撮影

プロフォトB10で織物撮影
今日は滋賀県長浜市にある吉正織物工場様のウェブサイト撮影。
最高級の絹白生地として重用されてきた浜ちりめん。
吉正織物はアパレル向け高級シルク生地として進化させた商品です。

撮影は工場からはじまりました。
そしてメインとなるシルク生地の商品撮影。

職人にとって商品は命。その命をどのように撮影するのか。
代表様、制作スタッフ、フォトグラファーの僕たちはチームとなり、試行錯誤しながら、新しい見せ方を発見。

工場を出ることにはすっかり日も暮れ、撮り切った感覚がありました。

プロフォトA1Xを追加 最強のストロボセット

プロフォトA1Xを追加 最強のストロボセット
プロフォトA1Xを追加 最強のストロボセット
プロフォトのA1Xがあまりにも素晴らしすぎて、1セット追加。
トランスミッターの予備としてProfoto connectも一緒に。
同じものが2つあると心強い。

キヤノン純正のストロボとトランスミッターの組み合わせは、パワーとチャージ不足に加え、設定も複雑なので、現場ではあまり使用できませんでした。

それに比べて、プロフォトのシステムは本当によくできています。
取材撮影はA1Xの2セット、それ以外の撮影にはB10とB10Plus。
電源不要で荷物が軽量。出張撮影には最高の照明機材。

プロフォトB10とB10Plusの併用について

プロフォトB10とB10Plusの併用について
モノブロックストロボは、1セット2灯が基本的な考えです。

1灯でも光は作れますが、2灯あるとバリエーションが広がり、何より現場で1灯がトラブルを起こした場合、もう1灯で対応できます。

B10の2灯セットを購入すると、専用のカメラバックが付属しますが、僕はあえて、 B10とB10 Plusを1灯ずつ購入しました。

理由は、今後の仕事を考えて、ワット数の違うタイプがほしかったからです。

出力はそれぞれ、B10は250ws、B10 Plusは500wsになります。

左がB10、右がB10 Plusです。
出力の違うB10とB10 Plusを同時に併用した場合、写真のようになります。

つまり、B10の方は、出力がプラス1になります。
例えば、B10が5.0という数値の場合、B10 Plusは4.0になります。

出力は2倍ですが、2倍の数値にはならないということです。
もしB10とB10 Plusの購入をお考えの方は、参考にしてください。