RF50mm F1.8 STMのレビュー

RF50mm F1.8 STMのレビュー
2020年12月24日。
クリスマスイヴの日に、RF50mm F1.8 STMがやってきました!

今年から完全にミラーレスに乗り換え、RF24-70mm F2.8 L IS USM、RF70-200mm F2.8 L IS USMに続く、3本目のレンズがこのRF50mm F1.8 STMになります。

コントロールリングマウントアダプターを装着して、EF50mm F1.8 STMを直前まで使用していましたが、テスト撮影を通じて進化をはっきりと感じました。

最初に目につくのは、フォーカスとコントロールリングの切り替えスイッチです。

AFとMFの切り替えスイッチがないので、ピントをMFで合わせる時は、スイッチでの切り替えではなく、メニューなどから行う必要があります。

メニューからフォーカスモードをMFにして、フォーカスガイドを(入)にします。
コントロールリングにはISOの設定を割り当て、状況に応じて調節。
この設定で、MFでも瞬時に撮影ができます。

コントロールリングのクリック感は全くありません。
クリック感の設定はできないので、ここは賛否が分かれるところです。
RF50mm F1.8 STMのレビュー
AFでの写真、動画撮影もUSMではなく、STMですが、問題ない早さです。

最短撮影距離は30Cm。
EF50mm F1.8 STMより5㎝寄れます!
この5cmは、体感としてはとても大きく、小物などを撮影するのにピッタリです。

そして何より嬉しいのは、価格設定。
先に手に入れた2本のレンズは30万円前後しますが、こちらは25000円ほど。
低価格とは思えない、描写力、性能です。

今後はサブ機にRF50mm F1.8 STMを常時装着。
いつでも撮影できるように、カメラバッグに忍ばせておきます。

からふるファーム様の撮影

今日はテネレ700に乗って、北西へ約200km。
兵庫県美方郡香美町「からふるファーム」様のホームページ撮影。 

農園にとって12月はシーズンオフ。
収穫は終わっているので、人物撮影を中心に行いました。

今回もiPhone SE(第2世代)でメイキングを撮影しました。
動画の冒頭はモトブログ風です。

ホンダの新型軽自動車「N-ONE」撮影風景

今日はスタジオでホンダの新型軽自動車「N-ONE」の撮影。 
前回、こちらのスタジオで、シビックType Rの動画撮影を行いましたが、今回はスチールです。

iPhone SE(第二世代)で、メイキングを撮影しました。
僕にとっては、初めての試みです。

今回はiPhone SEでしたが、iPhone12 Pro Maxを注文しているので、次回からはさらに高画質になります。
SEでも4K60Pに対応していて、ガジェットの進化は驚くばかりです。

撮影する自分の姿を改めて見ると、肌以外、衣服、マスク、カメラ機材一式、腕時計、すべて黒で徹底しています。
クライアント様の許可がおりれば、今後は様々な現場で撮影していきます。

大阪城が見える撮影スタジオ

大阪城が見える撮影スタジオ
大阪城が見える撮影スタジオ
今日はデジタルマイクロスコープの広告撮影。
企業の代表様と制作担当者が事務所に来られました。

こちらの建物には、お客様専用の無料駐車場があり、機材の搬入もスムーズです。
コロナ対策で、撮影中は窓を全開にしました。

撮影料金は、スタジオ代と駐車場代込みです。

中華屋KurumA様の撮影

中華屋KurumA様の撮影
中華屋KurumA様の撮影
中華屋KurumA様の撮影
今日は阪急箕面駅の近くにある中華屋KurumA、同じ道の並びにあるそうざいやKurumA様のウェブサイト撮影。

機材はいつものようにEOS R5プロフォトB10とA1XiPad Proの組み合わせ。

お昼のランチタイムからお店がオープンするので、撮影は午前中で終了。
12時になると、続々とお客様が来店。
撮影後においしい日替わりランチをいただきました。

こちらはGoogleの口コミも高く、地元に愛されている中華屋さんです。

医師座談会撮影 ミラーレスカメラの可能性

医師座談会撮影 ミラーレスカメラの可能性
午後からは製薬会社様主催、大阪市立大学医学部附属病院で医師や看護師、カウンセラーによる座談会の撮影です。

コロナ禍の影響で、医療関係の対談、座談会、講演会など中止が続いていたので、僕にとってこの分野は久しぶりの撮影でした。

そしてこの間にカメラが、ミラーレスのR5になり、このカメラの実力が発揮できることになりました。

対談や座談会、講演会などの撮影では、シャッター音が課題でした。
シャッター音でクレームになるケースもあり、サイレンモードで撮影しても僅かに音がします。

ところがR5の電子シャッターは、完全な無音、そして無振動。
撮影の対象者だけでなく、撮影する僕でさえも気づかないレベル。
本当に撮れているんだろうかと、心配して確認するほどです。

こうなると、これまでのデジタ一眼レフは、もう過去の道具になりつつあります。
ジャンルによっては、まだまだミラーのあるカメラの需要はありますが、
シャッター音が気になる撮影では、デュアルスロットのミラーレスカメラは必須。

ただし、課題もあります。
無音になる電子シャッターのモードにすると、フリッカーレスの機能が使用できず、シャッタースピードが早いと、光源のチラつきやムラが出てしまいます。
ファームウェアアップデートで解決するのを期待。

R5はメカシャッターにしても、シャッター音は極端に小さく、従来のカメラより最適です。



ミリアンデニ様の撮影

ミリアンデニ様の撮影
10月6日と、今日8日は、レディースアパレル、ミリアンデニ様の撮影。
モデルは龍野伶奈(たつのれな)さま。

毎回、スタジオとなんばパークス付近のロケで撮影をしていますが、
今日は土砂降りの雨。。
スタジオのみの撮影で、予定より撮影ペースが早かったので、動画のテスト撮影を行いました。

EOS Rで写真撮影をしながら、EOS R5でその様子を動画撮影。
EOS R5で台詞ありの動画も。

龍野伶奈さま、学生時代は放送部ということで、声の通りが良く、
急なアドリブでも女子アナのようなクオリティ。

事務所を移転し、新しいチャレンジが続いています。

イーストクオリティ株式会社様の撮影

イーストクオリティ株式会社様の撮影
今日は浴室塗装、改修工事のイーストクオリティ株式会社様のウェブサイト撮影。 
撮影は某ホテルで行われました。
 
カメラはEOS R5
コントロールリングマウントアダプターにEF11-24mm F4L USMを装着して撮影。 
浴室など、限られた空間では、このレンズは大活躍。 

カメラは完全にミラーレスに移行しましたが、超広角ズームと100mmマクロのRFレンズはまだ登場していないので、
それまではコントロールリングマウントアダプター装着で代用。

インタビュー動画撮影 EOS R5&RF24-70mm&ワイヤレスゴー&プロフォトB10

インタビュー動画撮影の機材はEOS R5&RF24-70mm&ワイヤレスゴー
今月に入って、インタビュー動画撮影の案件が6件ありました。

撮影した企業様
業務用ケーキ卸業、解体工事、仏壇供養、超音波溶着加工、医療アプリ開発、建設業と様々です。
今後もシリーズで続きます。

使用した機材
・カメラとレンズは、EOS R5とRF24-70mm F2.8 L IS USM
・マイクは、ロードのワイヤレスゴーとラベリアゴー
・照明は、プロフォトのB10
・三脚は、マンフロットの190go! M-lock カーボンファイバー三脚4段
・雲台は、Leofoto G4 ギア雲台
EOS R5でインタビュー動画撮影
カメラとレンズは、EOS R5とRF24-70mm F2.8 L IS USM

三脚に固定し、AF方式は追尾優先AFにしました。

5D mark4にEFレンズの組み合わせでは、ピントを外すことが多かったですが、R5とRF24-70mmのセットでは、一度もピントを外すことがなく、AFは完璧でした。

マイクは、ロードのワイヤレスゴー。

今回はじめて導入しましたが、送信機と受信機のペアリングも早くて、音声の遅延もなく、きれいに撮れます。
送信機にラベリアマイクが内蔵されていますが、形が目立つので、同じくロードのラベリアゴーを組み合わせて使用しました。

注意点として、ラベリアゴーと似ているロードのロードリンクラブマイクという製品がありますが、こちらはワイヤレスゴーでは使用できません。

照明は、プロフォトのモノプロックストロボ、B10。

こちらはストロボ(フラッシュ)ですが、LEDが付いていて、色温度も変更可能、定常光ライトとしても使用できます。

僕のような写真がメインのフォトグラファーでも、最近は動画の撮影依頼があります。
プロフォトのB10は、写真と動画の両方で使用できるハイブリッド。便利です。