ECサイトのモデルさんの撮影5

ECサイトのモデルさんの撮影5
今日はECサイトのモデルさんの撮影。5回目です。

撮影はいつもこんな感じです。
iPadに、キヤノンのCamera Connectというアプリで、Bluetooth接続です。
5D mark4よりEOS Rの方が、接続の設定が簡単です。
その辺りは新しいカメラの進化もありますね。

メイクさんは、写真の画像をアップして確認します。
有線ではなく、無線が圧倒的に便利です。

EOS Rにはコントロールリングマウントアダプターが最強

EOS Rはにコントロールリングマウントアダプターが最強
EOS Rを発売日に購入し、もうすぐ1年になります。

5D mark4をメインとして仕事で使用し、こちらをサブ機の予定で購入しましたが、今では同じくらいの頻度で使用しています。

EOS Rの最初の印象は、従来とはあまりにも操作性が違い、戸惑うことが多かったのですが、その原因は、今回新しく搭載されたマルチファンクションバーの存在でした。

この機能を使いこなそうと試行錯誤しましたが、結果的に全く使用しない、ないものとしてEOS Rを使用するという結果になりました。

EOS Rの購入時にマウントアダプターを購入しましたが、後にコントロールリングマウントアダプターを追加購入しました。

結果としてEOS Rには、
コントロールリングマウントアダプターが最強です!!

マルチファンクションバーの機能を停止し、ダイヤルカスタマイズを、
メイン電子ダイヤルは、TVモード。
サブ電子ダイヤルは、AVモード。
コントロールリングは、ISO感度設定。

コントロールリングマウントアダプターにISOを設定することで、ファインダーを見ながら、リングをまわして瞬時に感度を変更できます。

そして何より、コントロールリングマウントアダプターが優れているのは、リングがカメラの本体に近い部分にあることです。

RFレンズは、レンズの先端部分にリングがあるので、左手でカメラを支えた時に、少し手を伸ばす必要があります。
EFレンズと組み合わせたコントロールリングマウントアダプターは、手の動きがほとんどなく、薬指で瞬時にリングを回せます。

コントロールリングマウントアダプターは素晴らしいアイデアで、他社にはない価値があります。

EOS Rの時期モデルの希望は、
ダブルスロットとマルチコントローラー、そしてRAWのサイズをS、M、Lと5Dmark4の仕様と同じが希望。

EOS Rには、C-RAWがありますが、サイズの異なるRAWの設定ができません。
その点、ソニーはRAWは最大サイズのみで、これは仕事として使用する者にとっては、とても使いにくい仕様です。

最近のファームウエアで瞳AFの検出精度が上がり、EOS Rは発売から進化しています。
約1年使用して、改めて素晴らしいカメラだと実感しています。

周囲のカメラマンは、ソニーへの移行が多いですが、僕はキヤノンが相棒です。

大阪IR &ウェディング・ホテル専門学校様の撮影

大阪IR &ウェディング・ホテル専門学校様の撮影

今日と明日の2日間は、大阪ウェディング&ホテル・観光専門学校様の撮影です。
2020年からは大阪IR &ウェディング・ホテル専門学校に校名が変更になります。
こちらの学校は、広告に相当な力を入れていて、校内の壁や階段、エレベーターに、まるでアートのように写真が展示されています。

今回は学校案内やウェブに使用する広告写真で、モデルになる在校生のロケや切り抜き、表紙の写真撮影を行いました。

まるみつ縫製様の動画を撮影編集

大阪市東成区で、帆布の鞄などを製作している、まるみつ縫製様の動画を撮影編集しました。

僕が18歳の時に働いていた「わだち作業所」という福祉作業所の代表だった光田さんが、独立して運営されています。

光田さんとは、25年のお付き合い。
僕がまだカメラマンを目指す前に出会った方で、当時はすごくお世話になりました。

使用機材は、EOSRとEF35mm F1.4L II USMの組み合わせで撮影しました。

職人の動画は、シリーズで続きます。

高級住宅の撮影

高級住宅の撮影

今日は高級住宅の撮影です。
カメラはフルサイズのミラーレス、EOS R。
建物の撮影では、一般的な一眼レフより、ミラーレスが有利だと思っています。

それは、ミラーによるシャッターの振動がないこと、短いフランジバックにより、レンズの設計の自由度が広がること、明るいレンズが設計できるなどです。

今回はアダプターに、キヤノン純正の単焦点14mmを使用しています。

RF15-35mm F2.8L IS USMが近日中に発表。
個人的には、ズームではなく、単焦点の14mm、さらに12mmが希望です。
EOS RPも近日発表。
キヤノン、攻めてます!!


佐渡裕主催スーパーキッズ・オーケストラの撮影

佐渡裕スーパーキッズ・オーケストラの撮影
佐渡裕スーパーキッズ・オーケストラの撮影

今日はグランフロント、ナレッジシアターで行われた佐渡裕主催スーパーキッズ・オーケストラの広報撮影。

撮影機材は、キヤノンのEOS R。

最近、仕事でシャッター音のしないカメラの指定が増えてきました。
オーケストラなどの音楽撮影はもちろん、インタビューなどの取材では、メーカー問わず、ミラーレス機は必須です。

EOS Rは、通常モードでもシャッター音は静かですが、サイレントシャッター機能にすると、無音になります。
撮る側も撮られる側も、写真を撮影したことがわからないほど、静かです。

サイレントシャッター機能にすると、ストロボが使用できない、連写ができないなどの制約はありますが、現場では連写はしないですし、演奏会ではストロボの使用が禁止なので、その制約は問題ありません。

キヤノンのフルサイズミラーレス第一弾ということで、まだまだ不完全なカメラですが、仕事で必要であれば、使い方を工夫して欠点を補います。

株式会社Meat Factory ミートファクトリー様の撮影

今日は和歌山市にある株式会社Meat Factory様の撮影でした。

午前中は巨大な加工場で、カメラマンも僕もクリーンウェアを着て、エアシャワーを浴び、作業工程を撮影。
午後からは自社の撮影室で、肉やハムなどの商品撮影です。

肉が痛まないように、室内は冷房を効かせているので、ダウンジャケットを着ての撮影でした。
焼肉店などのメニュー撮影の経験はありますが、今回のように精肉部、加工部の流れを見ることで、商品のイメージができること、良質な肉の見分け方のノウハウなど、勉強になることがとても多かったです。

EOS Rは、ストロボ使用時の露出シミュレーションができないので、現状では商品撮影に向いていません。
その辺りは、ファームウェアで改善してほしい点です。商品撮影は5D mark4で、工場での撮影はEOS Rです。

テザー撮影は、Adobe Lightroomです。
以前はキヤノンの純正ソフトを使用していましたが、個人的にはLightroomの方が使いやすいです。

撮影中に、MacBook Proのモニターに写真が表示されず、現場には何人ものスタッフ様がいる状況なので、一瞬焦りましたが、
よく見ると、カメラとMacBook Proを繋ぐケーブルが僅かに外れていました。。。

5D mark4には、ケーブルがネジで止めれる仕様になっていますが、PC側は差し込むだけなので、オプションで何らかの製品があればと探索中。

EOS RにニコンのAS-15

EOS Rには、ストロボを繋ぐシンクロターミナルがありません。
これはEOS Rが、5Dクラスではなく、6Dクラスのカメラという理由ですが、
クリップオンストロボだけでなく、モノブロックなどのストロボを使用する際は、ものすごく困ります。

そこでたどり着いたのは、ニコンのAS-15です。
キヤノンの純正品はすでに生産終了。
ヤフオクなどで中古が出回っていますが、仕事で使用する物なので新品が必要。
ホットシューに付けるタイプはいろんなメーカーから発売されていますが、やはりニコンの信頼性を選びました。
キヤノン製品にニコン製品を取り付けるのは、業界ではタブーですが、キヤノンの純正品が発売されていないので仕方がありません。
シンクロコードではなく、ワイヤレスで繋ぐ方法もありますが、念のためにホットシューアダプターもカメラバッグに入れておきたい。

装着してみて、キヤノンとニコンのロゴが上下に並んでいるのは不思議な感じですが、カラーリングなどぴったりマッチしています。

金蘭会中学校のみかん狩り EOS Rで撮影

今日は金蘭会中学校1年、上の太子観光みかん園、みかん狩り撮影です。
こちらの学校は歴史のある女子校で、中高ともに、バレーボール部は全国トップの実力。
5年ほど前から定期的に撮影に行っていますが、生徒も先生も爽やかで、とてもユーモアな学校です。

今回はすべての写真をEOS Rで撮影しました。
連日使用していることで、少しずつ操作も慣れてきました。

スナップ撮影は、生徒たちとのコミュニケーション、いい構図を確保するために、フットワークが重要です。
写真はカメラの性能に任せて、カメラマン自身が、どれだけ現場に馴染んで対応できるかがすべてです。

今回、EOS RのFvモード(フレキシブルモード)を使用。
このFvモードは、ひとつのモードですべての設定ができるので、モードの変更をする必要がありません。
絞りとシャッタースピードは、任意に設定して、ISOはオートにしました。

AFは、顔優先、追尾モードAFで、瞳AFはON、場合によっては領域拡大AFを使用。
AFのスピードは極めて早く、このカメラはスナップ撮影がもっとも向いていると思います。

EOS R ファーストインプレッション その1

EOS Rを発売日に購入し、10日が経ちました。

EOS 5D mark4も発売日に購入して二年以上使用しているので、5DとEOS Rの比較による、ファーストインプレッションです。

EOS Rを購入するまで、イベントや店頭などで実際に触って確かめず、ネットでの簡単な情報のみでした。
プロ機ではなく、6Dクラスのミラーレス、ダブルスロットでない点も、承知の上での購入でした。

箱から取り出して、カメラを持った感触は、メタルな質感、デザインも好み、グリップを握った感触も良好、ミラーレスに大幅な軽量化は求めていないので、電源を入れるまでは、高評価です。

シンプルになった、カメラ左にある電源スイッチを入れ、メニュー画面を見ると、基本的に他のEOSシリーズと同じです。

最初に意外だった点は、RAWのモードが、RAWと新しく追加されたC-RAWのみで、S-RAWやM-RAWがないことです。。

僕は仕事ではJPEGでは撮影せず、その仕事の内容によって、大きなサイズが不要の場合は、M-RAWを多用していました。
C-RAWは画素数が同じで、ファイルサイズを抑えているので、その分、画質が悪くなります。
M-RAWがないのは、仕事で使用するには大きなマイナス点です。

次は、EOS Rになって、もっとも困惑する点になりますが、
5D mark4にあった距離エリア選択ボタン、マルチコントローラー、サブ電子ダイヤルがなくなっている点です。
それによって、AFの距離エリアの移動が、瞬時に選択できません。

EOS Rでの距離エリアの操作は、
十字キーに割り当てる、液晶モニターでのタッチ、メイン電子ダイヤルとMODEボタンのサブ電子ダイヤルでの割り当てになります。
ところがそれぞれに問題があります。

まず十字キーですが、カメラのグリップを右手で握った時に、十字キーが指ではなく、親指の付け根にあたる母指球にあるため、
指で操作をしようとすると、握っているグリップを一度離す必要があり、時間のロスができてしまいます。

次にモニターでタッチをして、距離エリアの移動ですが、
ファインダーを覗きながらだと、グリップを握って右側のエリアはなんとかタッチできますが、
左側のエリアは指が届かないので、物理的にタッチができません。

そして、距離エリアの移動が、5D mark4の距離エリア選択ボタンなどに比べるとかなりゆっくりなので、こちらも時間のロスが発生してしまいます。

最後にメイン電子ダイヤルとサブ電子ダイヤルでの距離エリアの移動ですが、
こちらは、M-Fnのマルチファンクションボタンを一度選択してから移動になるので、選択、距離エリアの移動、解除をきちんと行わないと、露出が動いてしまうというミスが発生してしまいます。

今回、初搭載のマルチファンクションバーには、距離エリアの選択機能はありません。

結果として、現状ではメイン機にはなりませんが、サブ機としては面白いカメラだと思います。

シリーズで続きます!