写真集出版への道2 ポメラDM200文章入力ツール

写真集出版への道 文章入力ツール ポメラDM200
写真集出版への道 文章入力ツール ポメラDM200
写真集出版への道 その2 文章作成ツール

最強のテキスト入力専用のマシーン、ポメラDM200について。

写真集には、写真だけでなく、作品の解説、撮影のエピソードなど、文章としても表現しています。

事務所にいる時は、iMacのメモ機能で文章を書いています。
Wordよりも立ち上がりが早く、MacBook Proでのメモ入力も、iCloudで同期できます。

日中は撮影に出ていることが多いので、MacBook Proを持ち出していますが、問題は大きさとバッテリーです。
カフェや移動中にMacBookを開いてドヤ顔するのは苦手。
そこで探して見つけたのが、このポメラです!

キングジムから発売されているポメラの最新機種、DM200。
かわいいワンちゃんのような名称ですが、このマシーン、凄いんです。

・7インチのワイド画面、カラーではなく、モノクロ表示なので目に優しく疲れません。
・パッと開いてすぐ起動。
・キーピッチゆとりの17.0mmで、タッチの感触も抜群。
・リチウムイオンバッテリで、余裕の18時間!
・本体には128MBのメモリ搭載、SDスロットもあります。
・無線LAN搭載、iPhoneやMacのメモアプリで双方向で文章編集可能。
・Bluetoothキーボードとして利用でき、スマホやタブレットなどへ直接入力。
・サイズは、約263(W)×120(D)×18(H)mm
・重量は、約580g

サイズの比較として、MacBook Pro15インチと重ねてみましたが、このコンパクトさです!

インターネットには繋がりませんが、文章入力のみというニッチなマシーン、活用してます!

写真集出版への道1

雷鳥社から写真集を出版します。

個人的に雷鳥社から出版されている本が好きで、写真集を出版するなら雷鳥社と心に決めていました。

写真をはじめた20代の頃から、作品の持ち込みをして、3作目にして企画が通りました。

雷鳥社は、出版物を乱作せず、良質な作品を丁寧に作る会社です。
こちらの出版社の面白いところは、代表取締役の柳谷行宏氏は元カメラマンで、イースター島やマチュピチュの写真集を出版していることで知られています。

関連会社として、松濤スタジオと東京写真学園を運営。
出版社、スタジオ、学校と、写真をトータルでプロデュースしています。

出版が決まってから、実は数年が経過しています。
僕自身、この2年ほどは商業カメラマン(ビジネス写真)としてフルに活動していたこと、何より表現者としての写真家と、クライアントが求める写真を提供するカメラマンとでは、世界が全く違い、その切り替えがうまくできなかったことです。

写真集の内容はまだ秘密ですが、海外を舞台にした幻想的な内容で、作品を作る上で、その世界観に入らないと前へ進みません。

月日は流れ、時代は平成から令和へ。
雷鳥社は渋谷区から杉並区へ移転、社長様も交代され、新しい体制でスタートされています。

そして止まっていた時計もようやく動き出し、再び制作が開始。出版は年内目標です。

写真集出版への道として、定期的に更新します。