テネレ700のローシートとローダウンリンク

僕の身長は172㎝、標準体重、手足の長さも標準です。 
スタンダード仕様で跨ってみると、両足爪先立ちの状態でした。
  
テネレ700には、ローシートで2㎝、ローダウンリンクを入れることで1.8㎝、合計3.8㎝のシート高を下げることができます。 
 
僕は納車時は、ローダウンリンクは入れず、シートのみ変更し、2㎝下げました。 
1枚目の写真がその仕様です。 

この仕様で長距離を走ると、肩や首、お尻が痛くなりました。 
お尻が痛くなるのは、ノーマルのスタンダードシートよりクッションが少なくなるので理解していましたが、肩や首が痛くなると、長距離走行が辛いです。 
原因は、ハンドル位置に違和感がありました。

テネレ700は、シート高が高く、足つきばかりが注目されますが、それと同じくらい、ハンドルの位置が高くて遠いことです。 
ハンドル位置が高いと、肩と腕が上がった状態になり、肩だけでなく、首にも負担がかかります。 
この仕様で1700キロほど走り、パフォーマンスダンパーを装着の際に、シートとリンクを逆に変更しました。

こちらの写真は、ノーマルのスタンダードシートに、ローダウンリンクを入れた状態です。 
1枚目の写真と比べて、シートの凹み(カーブ)がゆるくなっています。 

実際に走り出してみると、乗り心地は全く違います。 

ローシートからスタンダードシートに変更したことで、ハンドルの高さに違和感がなくなり、適正なポジションになったことで、姿勢が安定。 
ハンドル位置も少し近くなりました。 

肩や首の痛みもなくなり、シートのクッションも快適。 
僕と同じくらいの身長で、シートorリンクのどちらかを変更する際は、 スタンダートシートにローダウンリンクが絶対的におすすめです。 

原田哲也さんのYouTubeチャンネルでも同じ感想のようです。 

ローシートとローダウンリンクの両方を入れた場合、ハンドル位置が犠牲になりますので、ハンドルの位置や高さの調節が必要だと思います。 
純正ではなく、社外品にそのパーツが販売されています。